第21回東京都大会 烏山&吉祥寺の場合

今回の都大会には、

烏山から中学生2名、成年部2名、

吉祥寺から成年部の黒帯1名出場しました

結果はと言いますと、

中学女子の2人がマッソギ銀メダル&トゥル4位、

成年赤帯のメンバーがマッソギ銀メダル&トゥル4位、

そして成年部の黒帯のメンバーが、トゥルで4位

となりました

良いところもあり、悪いところもあり、

そしてあと一歩というところもあり、

※トゥル4位が3人(笑)

嬉しさ半分、悔しさ半分ですね

 

それでは試合を振り返りたいと思いますが、

まず中学生からいきましょう!

トゥル、

4位になった子は、

練習不足もありますが、ひとつの壁ですね

もともとが上手なのですが、

ここ最近あまり変化がないんです

ところが周囲は上達して行くので、

取り残されてしまいます・・

小柄な事もありますが、動作に迫力が足りません

このままでは、同じ相手にいつも負けつづけてしまいますね

今回優勝した子のトゥルは、

カラダが大きいのもありますが、

すでに大人のトゥルのような雰囲気を持ち始めました!

このままでは差が開く一方です

どうしたらいいか?

今後の練習方法を考えるところですね(–;

今までと同じ練習では超えられない時期に来たと思います

 

もうひとりの子は上達が見られました

試合では負けてしまいましたが、

自分なりに手の組み方など改善してきてるので、

良くなってきてます

今後、さらにこだわりを持って練習することで、

彼女のトゥルは大人のトゥルになっていくのではないかと思います!

時間はかかるかもしれませんが、

このまま丁寧さと正確性を身に着ける方向で教えていきたいと思います

 

マッソギに関しては、

ふたりとも自分なりに考えてはいると思いますが、

スタミナと、カラダがついてきてないように思います

そしてうまくいかないと焦って得意な技しかでないし、

あせって前につっこむとやられるし、

疲れて足がとまるし、

良いことなしですね

 

マッソギは、だいたいボクが相手をしてるのですが、

ボクが相手だと慣れてるからか思いきって攻撃してきます!

悪いことではないです

それはボクが相手なら、

絶対に無茶はしないとわかってるから、

思い切ってできるんですね

良い意味ではボクを信頼してくれてるんでしょうけど、

試合だと思いきりが足りなくなってしまったり、

他の相手だと思いきりいけなくなってしまうのは、

悪い意味で、練習でのボクとのマッソギに慣れてしまってるからですね

そう、練習での緊張感が足りないんです

おそらくボクが相手だと、緊張しないんだと思います

ボクは攻撃喰らってくれるし、

無理な反撃をしないから

怖くないんだと思います

だから楽しくマッソギできる!

最初のころは自信をつけさせるためにもそれで良かったかもしれませんが、

これからは少し変えていかないとなりません!

今後の練習でのマッソギは、

やはり相手はボクが中心になりますが、

シンガードとかして相手にケガさせないように気をつけつつ、

もっとしっかり蹴って、ボクのプレッシャーに負けずマッソギできるように

そして試合でも恐怖を克服できるようになってほしいです!

 

あとスタミナ

スタミナないとどーにもならないので、

今後はその点で厳しくやらないとなりません

厳しくと言っても、怒鳴ったり、しめつけたりではなく、

メニュー的にです

どんなにつらくても、スタミナが切れても、

決められた本数はしっかりやりきるとか、

組手の2分間は絶対に弱音を吐かないことなど、

今後試合で勝ちたいのであれば、

今までの楽しいだけの練習は卒業しないとなりませんね!

 

 

つづいて成年部

まず赤帯の−64kgに出たメンバーは、

1回戦で負けてしまいました

相手があらっぽいで選手で、

イエローカードもらったり無茶苦茶なところがありました

それに呑まれてしまったかというとそーではないのですが、

今回、テーマがかみあわなかったです

本人も実は粗いマッソギをします

でもそれじゃ良くない!と教えていたので、

今回は距離をとって冷静に攻めることをテーマにしてたのですが、

そーゆうときに限ってあらっぽい相手がきて、

まったく噛み合わず、つまらない試合になってしまったようです

そうゆうあらっぽい相手だったら、いつものスタイルでやれば噛み合うのに、

そこに気づかなかったのは、経験不足ですね

ボクがセコンドについていればアドバイスできたかもしれませんが、

そのまま微妙な試合展開のまま負けてしまったようです

彼は今変革の時期だと思うので、

これに気を落とさず、また頑張って欲しいです!

 

赤帯+64kgに出たメンバーは、

今回準優勝でした!

これはうれしいです(^^)

が、あと一個で優勝と思うと悔しいものもあります(–;

しかも決勝の相手は知ってるメンバーなので、

さらに悔しいです(笑)

決勝の内容を見ると、相手がうまいです

特に距離感、相手のペースでした

こちらは空振りさせられ、相手はうまく蹴り終わりなどに合わせてくる、

たぶんやりずらかったと思います

そして決勝までに数試合やってることもあり、

スタミナが落ち、追う足も勢いがなくなってきてるので、

余計に空振り、相手だけ蹴りがあたる感じになってしまいます

正直完敗ですね

でも、久々の試合で準優勝、

立派な結果だと思います!

そこに満足はしてないと思いますが、

今回の結果は良い方にうけとめ、

より上を目指して頑張って欲しいです!

そしてトゥルも4位とおしいのですが、

層の厚い赤帯の部で、

準決勝まで進んだのは立派だと思います!

負けた相手はキレが段違いだったので、

こちらも完敗です

キレっていうのは天性なところがあると思うので、

それよりもカラダの大きさを活かして

迫力と安定感を出していけば良いのではないかと思いました

 

このカウンター

タイミングはドンピシャです!

外れたのは狙いのあまさです!

もったいなかったですね

 

最後に成年黒帯のメンバー、

トゥルは4位です!

おしいのですが・・これは実力負けです

黒帯になるとレベルもまたぐっとあがるので、

勝ち上がるのは難しいです

それでも準決勝まで行けたのは

本人の努力と、秘めた可能性なので、

今後もがんばってほしいです!

 

マッソギは残念ながら1回戦敗退でした

相手は長野の山岸副師範、

パンチを打ち慣れてる感じで、けっこう強烈なパンチをもらっていました

むきになってるわけではなさそうですが、

パンチで応戦してしまい、

さらにパンチを喰らってしまいました

彼の持ち味は鋭い蹴りなので、

相手のペースにのまれてしまいましたね

そこは試合経験の差だと思います

本人が一番悔しいと思うので、

気持ちを切らさず、

次の目標定めて練習がんばってほしいですね!

一緒に減量して、−57kgに落とそう(笑)

ははは

※ボクは減量しませんが

 

なにはともあれ、

東京都大会お疲れさまでした

学生はテストや体育祭もあり、

社会人は毎日仕事と、社会のストレスと戦ってると思います、

その中で試合にでる!ということだけでも挑戦であり、

前進してると思います!

みんなこれからも一緒にがんばりましょう、

諦めなければ、ぜったいに報われる日がくるはずです!

 

おまけ

都大会に出場した成年部のみんなです

次の目標は日野か埼玉か、

東日本もあるので、休んでる暇はありませんね!

ははは

コメントを残す