ガードを高く! 脇しめてアゴにつけとく

先日、昇段審査のネタで

みんなガードが低い!

って書きましたが、

ボクが低かったら説得力がなくなるので

ガードを意識してマッソギしました!

常にこのくらいの位置に構えるのがボクの理想です!

 

というか、

集中してやれてるとき、

マッソギ中は無意識でガードあげれてます

ポイントは脇とアゴです

脇しめて、アゴにグローブつけるようにしてると、

無意識でもガードキープできます

まあ構えがこじんまりしますが、

特に問題はありません

コンパクトに構えてると

「力んでない?」

って言われそうですが、

意外と力んでいません

脇をしめてると、肩の力抜けるんですよ

自分なりに研究してみて気づいたのですが、

脇開いてると肩でガードを支えてるので、

肩から首にかけて力むんです

でも脇しめてガード支えてると、

肩の力使うので、結果肩〜首まわりが力むんですね!

 

 

ちなみに、

アプチャプシギ蹴るときもガードさげません!

ヨプチャチルギでしかけるときもガードさげません

トルリョチャギ蹴るときもガードさげません

正確には、蹴るときにはちょっと下がってしまいますが、

手をぶらぶらに下げたり、

振り回したりはしません

 

しかけるときにガードが上がってると

カウンターがきても落ち着いてガードできます!

これ、とても大事です!

 

 

まあ、今日はガードを徹底的に意識してたのもありますが、

たまーにそうゆう動き方の練習をしてます

 

ガードを上げる練習!

と言うよりも、

ガードをしたまま蹴る、動く練習をしたほうがよいですね!

 

ちなみに、

練習で集中できてないときや、

ムキになってるときは

ボクも手を開いてしまったり、ガード低くなるので

そーゆうときは気をつけないとです!

結局は、集中力が一番大事なのかもしれませんね(^^;

ははは

 

 

おまけ

飛ぶときもガードさげません(笑)

2 件のコメント

  • おっしゃってることがとてもよくわかります。というか刺さります。^^;
    試合中、ガードは低い方なのですが、僕も調子いいときほど奥の手はしっかり上がってたり
    ガードへの意識が高い気がします。
    でも負けそうで焦ると、リラックスしようとしてかがっつり両手下げたりして
    さらにもらうという負の悪循環が負けパターンです。笑

    集中力とクレバーさ大事ですね!

  • コメントを残す