ストレッチは裏切らない!

よく、

「筋肉は裏切らない!」

とか、

「練習は裏切らない!」

といいますが、

ボクは

「ストレッチは裏切らない!」

と言いたいです!

 

ストレッチ、直訳したら伸ばすとかそーゆう意味ですが、

日本語にしたら柔軟体操ですかね

そして、

柔軟体操=準備体操

そう思ってませんか?

多くの人がそう考えてると思います

が、違うんですね

専門家の方はみんな言うのですが、

「ストレッチングはトレーニングです!」

もちろん準備体操の中に柔軟体操は入ってます

しかしその準備体操の中のストレッチと、

カラダを整え、パフォーマンスをあげるためのストレッチは

意味が違います!

なんかストレッチの専門家じゃないボクが言うのも

えらそうに聞こえてしまって良くないかもしれませんが、

そうゆうのも年齢と経験を重ねて気づいてきたことなんで、

ちょっと語らせてください(笑)

 

35歳過ぎたころからでしょうか、

試行錯誤しながら、ストレッチやマッサージを意識してやるようにしてきました

おかげで、今でもそれなりに蹴れて、

それなりに動くことができてるのかもしれません

 

そして、40過ぎた近年、

ストレッチの大事さをあらためて感じています!

加齢に伴い、固くなったり、動きづらくなった箇所もありますが、

動きやすくなったところもあるんです!

特に、最近は開脚状態で前に倒すのが、

楽になった気がします!

これはストレッチを継続したからで、

そして、自分に合ったストレッチの方法や、

強度が分かってきたからじゃないかと思います!

 

よっぽどの事がないかぎり、

毎日お風呂上がりのストレッチをかかさないようにしてます

メニューは、

ストレッチポールに寝て背中伸ばしながら、

足の裏つけて股関節開く

その後起きてお尻伸ばして、

ももの前後伸ばして、

アキレス腱伸ばして、

最後に開脚してます

時間があるときや、疲労感が強いときは

長めに、そして他の箇所も伸ばしますが、

上記の背中、股関節、お尻、もも、ふくらはぎ&アキレス腱は

鉄板メニューです!

夜遅くなってもやります

まあ30分くらいあればできるかな

毎日やってます!

どんなに時間がなくても、少しだけでも

必ず毎日やるようにしてます

 

そして練習のときは、全開でストレッチをせず、

準備体操として、あくまでカラダをほぐす程度に押さえ、

筋肉を動きやすい状態にすることを心がけてます

 

ボクのイメージとして、

テコンドーの練習時のストレッチはカラダを「ほぐす」

トレーニングとしてストレッチをするときは筋肉を「伸ばす」

です

そして夜寝る前のストレッチは疲労を取り除くためにも、

その両方のイメージですかね

 

しかしトレーニングとしてのストレッチも

強度ややり方が大事だと思います

間違えたやり方だと効率良くストレッチされないし、

ときに強くやりすぎて筋肉を傷めてしまうこともありました

そう、ルールを守らないと

ストレッチに裏切られてしまうんです(笑)

以前はそうでした

よくストレッチのしすぎて、ハムストリングやひざに違和感がでたり、

痛みが残ることもありました

これは失敗例ですね

完全にオーバーストレッチです

そうすると今までの積み重ねが無駄になってしまうので、

無理なストレッチをしない!

というのが一番なのかもしれませんね!

 

ちなみに、ボクのメニューを見ると下半身中心です

だからいつまでたっても上半身が固いんですね、ボク(笑)

ははは

上半身も、もっとストレッチしてやわらかくしたいのですが、

ここで欲張って上半身のメニューも入れると、

時間がかかりすぎて毎回やるのがしんどくなってしまうんで、

今のペースがちょうどいいのかなと思います

なので、上半身はもうしばらく固いままですね(笑)

 

あ、ちなみにお風呂でも

アキレス腱と、ふくらはぎ、

そしてハムストリングのマッサージをしてます

簡単にですが、無駄じゃないと信じて続けてます(笑)

 

ボクより柔らかい人はいくらでもいますが、

ボクより固い人もたくさんいると思います

そしてやり方も千差万別で、合う合わないがあり、

ほんと人それぞれですが、

少しでも参考にしてもらえればうれしいですm(__)m

※少し前の写真ですが、寝てるのはボクです

コメントを残す