ボディマッピングとアレクサンダーテクニーク

ボディマッピング、

アレクサンダーテクニーク、

どちらも聞き慣れないことばです

先日、知人からボディマッピングの話を聞き

さっそく本を購入してみました!

まだ読んでる最中なので、細かいことは勉強中ですが

これがすごく面白い!!

上半身はどこまで?

腰は関節じゃない!

とか、

腕はどこからどこまで?

ひざってどこ?

手首ってどこ?

そーゆう、今までなんとなーくここでしょ

って感じで認識してたことが、ことごとく間違ってることに

気付かされる、

そんな1冊です!

 

まあ、医療関係の方や、人体構造に詳しい人は知ってる事ばかりでしょうけど、

一般市民には先入観で間違った認識をしてることって多いんだな

って気付かされました!

 

ほんと面白くて、

思わずもう1冊買っちゃいました(笑)

白い方はDVDつきで、

繰り返しみて頭にすりこんでいます!

まあ、平たく言うと、

体の正しい構造を覚えて、

構造と意識のズレを修正することで、

動きをスムーズに行う!

そーすると力みがなくなるので

肩こり腰痛なども良くなる!

みたいな感じです

こんな認識であってますかね?

ははは

 

 

しっかり覚えてから、練習に取り入れていきたいと思ってます

コメントを残す