こどもたちのティミョパンデトルリョチャギ

これは今日でなく、水曜日の練習模様ですが、

ティミョパンデトルリョチャギを練習してます

がんばって飛んで蹴ってますが、

なかなか空中でしっかり蹴るってできてないんですね

高く蹴れてる子でも、蹴るころには軸足が着地してたりします

大人でも多いのですが、

やはりむずかしいですね

カラダも軽いし、飛ぶのも好きなこどもでも

なかなか上手にできません

まあ、中にはできる子もいますけどね(^^;

 

今日は基本蹴りを30〜40分かけてじっくりやったんです

アプチャプシギから、トルリョチャギ、ヨプチャチルギ

そしてトラ、パンデトルリョチャギ、

そしてティミョパンデトルリョチャギまで

試合も終わったから、基本を見直すチャンスだと思ったんです

ほんとは手の基本動作もじっくりやりたかったのですが、

足技だけで終わりました(^^;

審査に向けて課題をすすめるのも大事ですが

基礎の見直しも重要ですね!

試合に負けたあとなんで、

とくに基礎の見直しをしないとなって考えてたので、

しばらく少年部は基礎と課題が多くなると思います

少年部のみんなにもそう説明しました!

審査に向けて練習するから、

しばらくマッソギはあまりやりません!

そしてらシーン・・っとしてましたが、

えー!?

とか不満を言う子はいませんでしたね

いつもならえー!?!?

って言う子いるのですが、

やはり審査を受けたいのですね

審査を受けるためには、

苦手な練習でもやらなければならない!

そうゆうのが感覚的にわかってきてるのなら

それは成長でしょうか

何かをする、または手にいれるためには、

何をしたら良い、何をすることが大事、または必要

そうゆうのが子供ながらに意識できるようになると、

勉強でも、スポーツでも、

なんにでも活きるんじゃないかな

そう思います

テコンドーを通じて

そうゆう事を学んでくれたら、

それは子どもたちにとってとても良いことですよね(^^)

ボクもうれしいです

コメントを残す