ひたすらパンチパンチキック

少年部のパワーアップをはかるべく、

軽い蹴りではなく、

しっかりと力を入れて蹴る練習をしてます

でも単発だと手もさがるし、

ちゃんと構えないので、

ミットで、ワンツーから蹴るように練習をしました!

そしたらいがいとはまって、

いつもよりトルリョチャギもしっかり力を入れて蹴れています

パンチが適当になりやすいので、

しっかり力を入れてワンツーさせて、

一回見て、しっかりと蹴る!

単発で蹴るときよりも

パンチの後の方がミットへの距離もあってて、

良い感じでした!

ということで、

攻防でもパンチパンチキック!

 

パンチ

パンチ

キック!

 

次は、パンチ、パンチ、トラヨプチャチルギ!

もやりたいと思います

3 件のコメント

    • テコンドーの組手におけるパンチは、まだまだ未成熟だと思います。
      蹴り技と同じレベルでパンチを練習してる人もあまりいないでしょうからね。

      ルール上、パンチよりも蹴り技の方が有効なので、仕方ないことかもしれませんが、パンチの有効性に気づいてる人は、個人的にパンチの練習をしてると思います。
      それでも、なかなかテコンドールールの中にうまく昇華するのは難しいですよね。

      自分も個人的にパンチの練習はしてますが、まだまだ下手なので、うまく取り入れられるようにしたいですけどね。

  • コメントを残す